仮想通貨のあそび場

夢は仮想通貨でテンバガー会社員!アルトコインとクラウドマイニングに全力投資!海外情報もチェック!

2018年ポートフォリオレポート&注目マイナーコイン

2018年のご挨拶

昨年は本ブログにお付き合いくださりありがとうございました。

拙いブログではございますが、本年もお読みいただければ幸いです。

2018年1月1日のポートフォリオ

2018年スタート時のポートフォリオはこのようになりました。

グラフのパーセントは円建てでの割合です。

f:id:aftercider:20180101154441p:plain

一旦、損益確定売りを行ったため、ポートフォリオ構成が大きく変わりました。

半分をNEMで保有

ポートフォリオのほぼ半分がNEMになりました。

12月に入ってからのNEMの高騰により、ポジションが大きく膨らんだのと、Rippleの高騰に伴うNEMの追従上げへの期待から、追加購入を行ったためです。

マイナーコインの保有

去年の利益を活用し、マイナーコインをいくらか保有して、様子を見てみることにしてみました。

注目しているマイナーコインはNUKO(Nekonium/ネコニウム)、XSH(Shield/シールド)、XUN(UltraNote/ウルトラノート)の3種類です。

いずれも海外の取引所となりますが、stocks.exchangeでの購入が可能です。

https://stocks.exchange

NUKO(Nekonium/ネコニウム)

Nekoniumは国産のEthereumフォークのコインで、NekoniumProjectによって開発されています。

年末のコミックマーケットの会場で、投げ銭プロジェクトが行われるなど、アクティブな活動が行われています。

なにより「ねこ」っていうのがいいですね。

XSH(Shield/シールド)

MoneroやDash、ZCash、Vergeにつづく匿名通貨です。

マイニングアルゴリズムが複数種類あるのが特徴です。

量子耐性、匿名性などをもちつつ、PoSへの移行も計画されている通貨です。

XUN(UltraNote/ウルトラノート)

こちらもおなじく匿名通貨の一つです。

MoneroとおなじくアルゴリズムはCryptoNoteをつかっている通貨です。

開発のスピードが早く、2018年の2Qまでにリリース予定だったものがすでにリリース完了の状態になっているほどです。

2018年の目標

去年は持っているだけで円建て何十倍、というチャンスを見送ってしまうことが多く、反省点が多い一年でした。

今年はある程度中期を見通した投資と、短期投資の線引きを行い、出口戦略の上達に努めたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。