仮想通貨のあそび場

仮想通貨の投資家兼技術屋です。匿名通貨のMoneroが好きで、仮想通貨ブログを2016年からやっています。

ハーベストをメールでお知らせする『NEM Harvesters』の使い方

f:id:miniminiplant:20180203003548j:plain

NEMのハーベストをお知らせするサービス『NEM Harvesters』

仮想通貨の一つ、New Economy Movement、通称NEM(ネム、単位はXEM)のWebサービスを先日βリリースしました。

https://www.nem-harvesters.com/

委任ハーベストをおこなっている方向けに、ハーベスト報酬の通知や死活監視など、
こちらの記事で紹介しているような機能を提供しています。

www.monero.tokyo

http://www.monero.tokyo/entry/20180201/1517475600

この記事では、どんな風に使うのか、簡単ではありますがご紹介したいと思います。

▼目次

  • NEMのハーベストをお知らせするサービス『NEM Harvesters』
  • NEM Harvestersの使い方
    • メールアドレスで登録
    • 監視したいウォレットを登録
    • 使い方は以上!

 

続きを読む

NEMのハーベストをメールでお知らせするWebサービス『NEM Harvesters』をβリリースしました!

f:id:miniminiplant:20180201013350j:plain

NEMのハーベストをお知らせするWebサービスを作りました

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

2018年1月は波乱の1ヶ月でしたね……、円建てでの資産を減らした方が大多数かと思います。

そんな中ではありますが、仮想通貨の一つ、New Economy Movement、通称NEM(ネム、単位はXEM)のWebサービスを開発いたしました。

NEMの既得バランスが10,000XEMを超えて、委任ハーベストをおこなっている方向けのサービスです。

まだまだベータ版ではありますが、簡単にどんなことができるのかをまとめてみました。

▼目次

  • NEMのハーベストをお知らせするWebサービスを作りました
  • NEM Harvesters(ネムハーベスターズ)
    • 機能その1 NEMウォレットのアドレスを登録するだけで、24時間365日監視
    • 機能その2 ハーベスト報酬をメールでお知らせ
    • 機能その3 思わぬハーベストの停止をメールでお知らせ
  • NEM Harvestersを作って思ったこと

 

続きを読む

2018年に期待されるMoneroの5大イベント

f:id:miniminiplant:20180108154232j:plain

今年予定されているMonero5大イベント

2018年に入り、Monero(モネロ/XMR)も55,000円突破と、今年も期待できそうな一年になりそうです。

仮想通貨に注目が集まる中、プライバシー性/匿名性が今年は大きく注目を浴びる年になるかと考えています。

2018年のMoneroに期待されるイベントとして、仮想通貨・金融に関する海外ニュースサイトMerkleでは、5つのポイントを紹介しています。

https://themerkle.com/5-exciting-monero-developments-to-look-forward-to-in-2018/

▼目次

  • 今年予定されているMonero5大イベント
    •  1. ダークネットへの採用
    • 2. マルチシグネチャ対応
    • 3. Kovriプロジェクト
    • 4. BulletProofs
    • 5. ハードウェアウォレット
  • 2018年への期待
続きを読む

匿名系仮想通貨の大御所Monero(XMR)と新星Verge(XVG)の違いは?

f:id:miniminiplant:20180107004834j:plain

MoneroとVergeの違い

Monero(モネロ/XMR)をはじめとして、匿名性を重視した仮想通貨はDash(ダッシュ)やZCashなど複数存在し、それぞれ異なるアプローチから匿名性を確立しています。

最近Verge(バージ/XVG)という、かつてDogecoinDark(ドージコインダーク)と呼ばれていた匿名系仮想通貨も人気です。

では、MoneroとVergeの違いはどこにあるのでしょうか?

本記事ではその違いについてまとめました。

▼目次

  • MoneroとVergeの違い
    • Moneroの特徴
    • Vergeの特徴
    • 2つの具体的な違い
      • シチュエーション1. チャーリーは店で仮想通貨を使ってコーヒーを購入する
      • シチュエーション2. ダンは、見知らぬ人から支払いを受ける
    • Verge(バージ/XVG)のレイスプロトコル:Wraith Protocolについて
    • MoneroとVergeの購入方法
      • 参考情報
続きを読む

NASDAQが早ければ2018年第2四半期にもビットコイン先物を承認

f:id:miniminiplant:20180101222742j:plain

NASDAQへのビットコイン進出

2017年12月はビットコイン先物が米シカゴ・オプション取引所(CBOE)と米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場しました。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)は世界経済に大きく影響する存在となりつつあります。

そして米国で二番目に大きい米ナスダック取引所(NASDAQ)が2018年にもビットコイン先物を上場させることについて、
金融ニュースを扱う米Bloomberg社が報じています。

www.bloomberg.com

米国4大取引所グループで先物を上場することについて発表していない取引所は米ニューヨーク証券取引所(NYSE)一社のみとなりました。

▼目次

  • NASDAQへのビットコイン進出
    • 先物取引とは
  • これまでのビットコイン上場
    • 米シカゴ・オプション取引所(CBOE)
    • 米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)
  • 先物上場の成果
    • 今後の展望
続きを読む

2018年ポートフォリオレポート&注目マイナーコイン

2018年のご挨拶

昨年は本ブログにお付き合いくださりありがとうございました。

拙いブログではございますが、本年もお読みいただければ幸いです。

2018年1月1日のポートフォリオ

2018年スタート時のポートフォリオはこのようになりました。

グラフのパーセントは円建てでの割合です。

f:id:aftercider:20180101154441p:plain

一旦、損益確定売りを行ったため、ポートフォリオ構成が大きく変わりました。

半分をNEMで保有

ポートフォリオのほぼ半分がNEMになりました。

12月に入ってからのNEMの高騰により、ポジションが大きく膨らんだのと、Rippleの高騰に伴うNEMの追従上げへの期待から、追加購入を行ったためです。

マイナーコインの保有

去年の利益を活用し、マイナーコインをいくらか保有して、様子を見てみることにしてみました。

注目しているマイナーコインはNUKO(Nekonium/ネコニウム)、XSH(Shield/シールド)、XUN(UltraNote/ウルトラノート)の3種類です。

いずれも海外の取引所となりますが、stocks.exchangeでの購入が可能です。

https://stocks.exchange

NUKO(Nekonium/ネコニウム)

Nekoniumは国産のEthereumフォークのコインで、NekoniumProjectによって開発されています。

年末のコミックマーケットの会場で、投げ銭プロジェクトが行われるなど、アクティブな活動が行われています。

なにより「ねこ」っていうのがいいですね。

XSH(Shield/シールド)

MoneroやDash、ZCash、Vergeにつづく匿名通貨です。

マイニングアルゴリズムが複数種類あるのが特徴です。

量子耐性、匿名性などをもちつつ、PoSへの移行も計画されている通貨です。

XUN(UltraNote/ウルトラノート)

こちらもおなじく匿名通貨の一つです。

MoneroとおなじくアルゴリズムはCryptoNoteをつかっている通貨です。

開発のスピードが早く、2018年の2Qまでにリリース予定だったものがすでにリリース完了の状態になっているほどです。

2018年の目標

去年は持っているだけで円建て何十倍、というチャンスを見送ってしまうことが多く、反省点が多い一年でした。

今年はある程度中期を見通した投資と、短期投資の線引きを行い、出口戦略の上達に努めたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仮想通貨交換サービスChangellyの使い方

f:id:miniminiplant:20171231010213j:plain

仮想通貨の取引

仮想通貨の売買は取引所を通して行いますが、その売買には手数料がかかっています。

国内の取引所では約3%の手数料がかかることが多く、毎回支払うコストとしては大きな負担です。

また国内の取引所では、日本円からの購入、売却すると日本円になることが前提に作られており、
手元に日本円がなく、ビットコイン(BTC/Bitcoin)を売却して他の通貨を買うことになる場合、
ビットコインの売却と新しい通貨の購入に対して手数料を支払わなければなりません。

▼目次

  • 仮想通貨の取引
    • 仮想通貨交換サービスChangelly
    • 仮想通貨交換の流れ
      • 従来の取引所
      • Changellyを利用
    • Changellyのメリット
    • Changellyの使い方
    • 注意したい点
    • 併せてオススメのサービス

 

続きを読む